facebook


BRAND SITE


ONLINE STORE


twitter


MOBILE BLOG
SID  by TK
2012-02-27


SID SHIRTSは光沢がありコシのあるキレイめのコーマバーバリー生地と

ブロックチェックが切り替えになったWHIZらしい長袖シャツになります。

今シーズンの裏テーマとして人の二面性の部分をアイテムに落とし込んでいるのですがSID SHIRTSは

フロントスタイルは無地、バックスタイルはチェックと前後で見え方がまったく異なるというギミックで

表現しています。その他にもバックのヨーク部分の両サイドには今シーズンのアイテムにポイントで

使用しているDカン仕様など細部のディテールからも「UNITED」を感じて頂ける仕上がりになっています。



フロント
2012.2.27.01



バック
2012.2.27.02



Dカン
2012.2.27.03

今期採用しているDカン仕様。

以前のブログでボヤいた共通修正 がこの仕様でもあり「Dカンの距離を全部コレに合わせといて!」

「でもアレはもう2nd進んでしまってますよ〜」みたいなコントがあったりしました。。。



SID SHIRTS 1st サンプル
2012.2.27.04

1st サンプルから大幅にデザイン変更して2nd→3rd→4thサンプルくらいまで作るものもあれば

サクッと微調整で各色サンプルに進むものもあったりと様々ですがSID SHIRTSはポケットが

なくなったり袖口の切り替えがWHIZ REDからエンジに変更になりました。


カッティング
2012.2.27.05.jpg

そして一番重要な変更点は袖の特徴的な切り替え部分。

右が1stサンプルで左が修正後。身頃と袖で分かれていた三角形の切り替え部分をつなげました。

一見するとただそれだけのことなのですがこの修正により縫製の順序や縫い方がとても

ややこしいことになり工場の手間で言ったら雲泥の差があるんです。

他にもステッチ糸の色使いをそれぞれ変えたりと地味なポイント満載なのですがその分見た目にも

とてもすっきりした仕上がりになっていると思います。







追記 1st サンプルカラー


WHIZ HP にアップされているスタイルカット。

2012.2.27.06.jpg

サンプルを作る時にはすべてのカラー展開がほぼ決まっています。

下野さんから特別な指示がない限り1stサンプルをどの色で作るかは僕が任されています。

ジャケットなどに使用するファスナーなどは黒以外だと手配するのに時間がかかったりするので

やむを得ずにスピード重視でブラックで1stを作ったりする場合もありますが基本的にはアイテムごとに

下野さん的にどの色をメインに考えているか、この配色はちょっと攻め過ぎて危険そうだから

1stで確認しておくほうがいいなとか考えてチョイスしています。

そうすることで1stサンプルのチェックをする時に下野さんがテンション上がったり少しでも

気分良くなってもらったりして修正がよりスムーズにいくよう配慮してるのですがSID SHIRTS

の1stのチョイスも勝手に良かったなと思っています。そしてスタイリングで使われたりすると

個人的な答え合わせで◎だったりします。